生前贈与・相続税対策

生前贈与・相続税対策

「3代の相続で財残はなくなる」などと言われることがあります。

  • 相続税の最高税率は55%であること
  • クリニック土地建物や医療機器など、売却が難しい財産が多額に含まれること
  • 税金は金銭による一括納付が原則であること
  • 財産を承継する相続人ごとに生活環境が異なり、資産管理の経験や税にする知識に差があること

これらのことから、このことわざも一定の真理をついていると思われます。

近年、相続問題をテーマにした映画やドラマが多く見受けられますが、それだけ相続問題は身近で切実な問題になってきているのです。
相続にあたっては、円満な相続、クリニックの承継問題、納税資金の確保、節税、これらをすべて満たす必要があります。
相続に簡単な正解や解決方法はありません。私たちの仕事は、先生の思い、残されるご家族・相続人の思いをしっかりお聞きすることから始まります。
相続税の対策についても、生前から準備をすることにより最大の効果を発揮することができます。相続開始後にできる相続対策には限界があります。

シミュレーションから効果的な案を複数ご提案し、実行をサポートいたします。
「毎年110万円の贈与」だけで良いのか、まずはご相談ください。